油断大敵!脱毛後の必須お手入れ

脱毛後のお肌は敏感になっているので日焼けは大敵です!

光脱毛やレーザー脱毛をした後のお肌は大変敏感になっています。毛根細胞にダメージを与えることで脱毛していくため、施術後はちょっとしたことでトラブルが起きがちです。特に、わずかな紫外線でもお肌は日焼けしやすくなっており、普段よりもさらにシミやソバカスができやすい状態と言えます。ですので、日焼け止めをしっかり塗るだけではなく、帽子をかぶったり日傘も使うことがお勧めです。万が一極端に日焼けしてしまった場合は、肌のメラニン色素にレーザーや光脱毛が強く反応してしまい、火傷のリスクが高くなることがあります。また、脱毛の機械を照射することができなくなってしまう可能性も出てくるので注意が必要です。ですので、脱毛後はUVケアをしっかり行いましょう。

保湿をしっかりすることが脱毛効果を高めるためにも大切です!

脱毛後のお肌は水分量がかなり減っていますので、しっかり保湿をすることが大切です。もちろん、高い化粧品を使う必要はなく、いつも使っている化粧水や保湿クリームなどで十分ですので、いつも以上にたっぷりと脱毛した部位に塗りましょう。水分量の高いお肌はもちもちで健康的になり、次回の脱毛でも痛みを感じにくくなるだけでなく、照射パワーを強くすることができます。ですので、結果的に脱毛の効果を高めることになります。まれに、照射した部位に赤みやヒリヒリ感が出ることがありますが、通常2、3日で治まります。赤みやヒリヒリ感が治まるまでは、炎症止めの軟膏クリームを一日一回から二回ほど薄く塗ることをお勧めします。このように、脱毛後のお肌は非常に敏感でトラブルが起きやすいため、しっかりお手入れすることが大切です。

VIO脱毛を新宿で痛みの少ない最新脱毛機を使用して施術できるので、敏感肌の方でも安心して脱毛することが可能です。